セクシャリティの解放

悩みを拗らせ大きくしてしまう理由の一つ

が抑圧。セクシャリティは抑圧しやすく、

問題を大きくしてしまいがちな部分。

 

 

タブー意識で、自分自身の性欲を認めず

「認めない・見つめない・話さない」からこそ、

変に悩みを拗らせてしまう人がとっても多い。

 

 

性欲ってそもそも人類繁栄につながる自然な

欲。とっても健康な素敵なギフト。

でも、日本って土地柄は

「みんな良いコちゃん幼いことが美徳」

な文化だから、セクシャリティ抑圧して、

モンスター化してしまいがち

 

 

その点、真逆だったのがイタリア。

もしろんカソリック縛りや、男尊女卑など

土地に根付いたタブー意識はあったけれど、

セックスはもっと日向で堂々と大人の愉しみ

として君臨していたね!

 

 

 イタリア人は人生を楽しむ達人。

彼らにとって「食べること、セックスすること

人生を謳歌すること。」

だから、食欲&性欲旺盛なひと(女性も)は

人生を愉しむ感じが良いひとって定義でモテる。

 

 

確かにセクシャリティが閉じている人や

屈折している人って、人生どっか閉じてるし、

屈折しているよね。

 

イタリアでは

「あなんか、今日は頭が痛いな。」

と言えば、

MINAKO、最近セックスしてないから

じゃない?セックスすれば治るよ。」

 

「あなんか、最近さみしいな。」

と言えば、

MINAKO、最近セックスしてないから

じゃない?セックスすれば治るよ。」

 

「あなんか、最近イラつくこと多いわ。」

と言えば、

MINAKO、最近セックスしてないから

じゃない?セックスすれば治るよ。」

 

とどんな不調にもセックス・オリーブ油、

・カモミールを奨められるくらいセックス

は万能薬みたいな位置づけ。

 

 

実際、ちょっとくらいの身体の不調には、

HOTな彼とのHOTなセックスが一番効果

あったっけ

 

 

セクシャリティを日向に充てれば、問題を

つくらないだけでなく、ファッションも車

家具もセクシャルに色艶増す

フェラーリ、ドゥカティ、カッシーナ。

機能以上の「華やかな色艶」!

 

 

人も全く同じじゃない?

自分自身のギフト「セクシュアリティ」を

抑圧することにエネルギーを使っていたら

低燃費でコストを抑えた女になり

自分自身のギフト「セクシュアリティ」

解放し更なる輝きにエネルギーを

使っていたら色艶効かせた華やかな

オンリーワンな女になる
 

 

自分に在るものを無いことにして、

「認めない・見つめない・話さない」

それで、この先どこに行くつもり?

 

 

自分に在るものに必死に蓋をして、

「認めない・見つめない・話さない」

それで、この先どんな愛を創るつもり?

 

 

810日の18時から、セクシュアリティを

日向に出す“HOT&HOTなディナー会

元フラクタル心理学講師の辻亜生先生と

開催いたします。 

 

 

 

 

 

四川料理を堪能したい方のご参加も

大歓迎です
 

ただしトーク(希望者には心理分析有り)

もお料理も激辛でいくので、甘口幼稚好み

の方はご遠慮ください。
 

 

私からはイタリアや世界各国のセックス観、

辻先生からはあげまんになれるセックス、

2人からバーストラウマとセックスについて

お話しつつ、みなさまとHOT&HOT

ディナーを楽しみたいと思ってます。

場所は銀座、参加費は飲食費込みの

5,000円でお得です。
 

セクシャリティを解放して、悩みを解決!

華やかなアモーレな女で生きましょう。

 

 

同日の13時からはG-veggieにて、

辻亜生先生&はりまや佳子先生という

50代にしてそれぞれ3度目4度目の結婚

を控えた2人の「人生繁盛婚講座」

ございます。

 

 

愛のつわものお2人の男心を掴み育てる

秘訣が大公開されますよ。お楽しみに~

8月21日のブランディング講座はこちらから。

https://www.g-veggie-lesson.com/branding