人生乗り換えのチケット

昨日は「Amore起業&ブランドづくりコース」受講生お2人が我が家にランチにいらしてくださいました。

その1人が小室光代さん。35年間保育士を続けている彼女は、ご自分自身がのびやかで愛らしい方。プライベートでは素敵なご主人と成人なさったお二人のお子様に恵まれた女性。

それがたった5か月前に出逢った頃の彼女は暗かった…(笑) “得体のしれない虚無感・不満足感”で常に苦しい毎日だったそうです。それでも「不満を持っちゃいけない、笑顔でいなくちゃいけない。」そう自分に言い聞かせ、つくり笑顔で明るく振舞おうとするたびに、なぜか零れてくる涙…

そう、“なんちゃってポジティブ”は副作用がありますよね。「不満な自分の気持ちを隠して“片目”だけ開けて生きていた。」そう小室さんはそのころの心境を話されていました。

「湧いてくる不満は我儘なのだろうか?」→「いや、そんなことない、イキイキ生きたい。」→「いろいろなセミナーに行ったり、ネットワークビジネスを始めよう(自分の外に幸せを見つけよう。)」→「それでも一時しか満たされず不満や不安がつのってくる」→「振り出しに戻って、湧いてくる不満は我儘なのだと言い聞かせて見ないふりをする。」→「なんちゃってポジティブでネットワークを頑張ってみる。」→「逆に疲憊して満たされない想いをさらにつのらせる。」

グルグルグルグル~、もう、誰かとめてぇ~ッ!

何年もいや何十年もかけて上記のスパイラルを何周も何百週もなさってきた小室さん。その間、頑張っていたけれどご家庭や保育園での人間関係も少しずつ悪化していたそうです…

それがたった受講5か月でイキイキと本物の笑顔の毎日に激変した小室さん。今ではご自身のアモーレ(本能からの愛)を見つけられ、「コミュニケーションのイ・ロ・ハ」を教える活動をなさっています。

”ご本人が幸せを選ぶ覚悟を持っていた”ってことが、人生乗り換えの要。この覚悟、なかなかみなさん、持っていないですよ、実は。

月に2回10回の「第3脳・わたし起業&ブランドづくりコース」では大きくわけて3つのことをしていきます。

①思考の100%現実化を元にした”人生の運転の仕方“を学ぶ(知識)

②生きづらくしている根本の原因から人生認識の書き換える(変化)

③自分自身の第3脳(使命・本質)から湧き出る愛をビジネスというカタチにする(創造)

人生(思考&行動の現実化の繰り返し)を乗りこなす運転免許なしでは、事故しても当たり前。無知が原因で、職場を変え国を変え、“なんちゃってポジティブという栄養剤”飲んでも、同じパターンの事故繰り返すだけ。

さてそんな今やすっかり“コミュニケーションの伝え人”としての自信もついてきた小室さん、メイクをちょっぴり手直しさせていただきました。コンシーラーでベースを整え、目元にアイラインを入れチークを入れただけで、ほうれい線が目立ちまん。

マダム〜〜

これって、思考と相似。「本当にやりたいことを見つけて、そこに向かっていく達成感や顧客からの喜びの声」に夢中になると、旦那や同僚の箸の上げ下げが気にならなくなるのと同じ(笑) 視点がライフパーパスを果たすための目標にすっと上がり、そこに夢中になると小さなことに目がいきません。もちろん心と記憶の深い部分から被害者をやめてるベースを塗っているからですけどね。

小室さんの「親子コミュニケーションのイロハ」には彼女自身のもともとのゆったりおっとり優しい口調や雰囲気も作用して、“誰かと繋がるために大事な基礎のキがストンと腑に落ちる不思議な魅力”に溢れています。

相手や声や伝え方(語彙)を変えるとさらにパワフルになりますね。とても素晴らしい内容なので、また別途ご紹介させていただきます。

「グダグダうだうだ不満を垂れ流しながら“幸せが相手次第”なままの人生」、or 「人生の舵を自分自身の手に取り戻し”自分で幸せをつくる“人生」乗り換えには“自己責任で生きる覚悟”というチケットが必要です。