「俺の話を聞け〜♪」

昨日のBLOG記事を読んでくださったフラクタル心理学カウンセラー・講師を目指していらっしゃる佐藤紫さまからこんなコメントをいただきました。

これから伝えていきたいって意気込みと情熱を感じるますよね。

「世界中に知らせたい!聞いて欲しい!」という佐藤様のフレッシュで切実な想いをシェアいただきたので、今日はビジネス発信についてもう少し深堀り。

世界中に伝えたい!こんな熱い想い。この熱が熱ければ熱いほど、実は相手に伝わりづらいジレンマがあるのですね。熱い想いに駆り立てられる自己啓発、MLM(ネットワーク)ビジネスの方、要注意です。

「この心理学はすっごいのよぉ~♪悩み解決だけじゃなくって世の中の現象の唐栗が分かるのぉ~!」

「この商品&ビジネスはすっごいのよぉ~♪栄養満点で健康が手に入るだけでなくって不労所得まで手に入るのぉ~!」

こんな想いを熱々なままま叫んでいませんか?

「俺の話を聞け〜♪」

あらゆる場所であらゆる人に向かって大声で叫びだすのが一番伝わると想いがちですよね。

でもね~あなたに横山健さんくらいのメディア力(人気やその分野の地位)が無い限り、「俺の話を聞け~♪」っと歌い始めても、観客の答えは、「嫌だよ。」だったり「いやいや、興味ない。」だったり。お付き合いで1曲は聞いてくれても、それで終わったりね。

ここでドメインを考えてみましょう。

ここは夜の新橋、中高年サラリーマンの聖地であなたは想いを歌います。「この心理学はすっごいのよぉ~♪悩み解決だけじゃなくって世の中の現象の唐栗が分かるのぉ~!」

こんな1曲では誰も足を止めてくれないかもしれません。

「今日も一日お疲れさまです!通勤ラッシュや嫌なクライアントや上司への我慢も限界ないですか?そんな毎日頑張ってくださる皆様へ1曲プレゼントさせていただきます。」そんなMCの後に、会社員男性を労い癒す曲を歌う。少し足をとめてくれる人、増えそうですね。

一曲歌い終わった後に、「聞いていただきたありがとうございました。曲を聞いてもあのクライアントの横柄な態度への怒りは収まらないって方いらっしゃいますか?そんな相手や世界を変えてご自分の資質全開で生きられる心理学があるんです。曲を聞いていただきたお礼に小冊子をご用意したのでプレゼントさせていただきます。」

小冊子を受け取ってくださる方、増えそうですよね。そして中には、「飲みながら詳しく話を聞かせてくれ、今日も実は取引先に~。」なんて方もいそう(笑)

ドメインが週末のイオンのフードコートならいかがでしょうか? いきなりママへの歌を歌う?

ちょっと待ってください。まずは子供たちがご機嫌になる“アンパンマンの歌”歌いましょう。子供が楽しんでニコニコして静かになった時に

「お子さんがアンパンマンソングでご機嫌になるように、ママをご機嫌に出来るアンパンマンのように最強な心理学があるんです。お子様とご一緒に簡単なワーク試してみませんか?」そう呼びかけてみましょう。

参加してくださるママは、「心理学が役立つよ~♪」って曲より増えそうですね。

そう、ここで変えたのはドメインではなく、そのドメインにいる方への興味・悩み・価値観への理解と思い遣り。相手への理解と思い遣りを大切にすれば、曲(言葉)も、服も、媒体も、使う写真etcという仕組みも当然ながら丸ごと変わります。

その仕組みづくりを集客システムや戦略というテクニックで終わりにせず、“あなたの想い”からつくるのが私の起業・ブランディング。

佐藤様には佐藤様の、あなたにはあなたの“その商品に拘りたい理由・ストーリー”があり、そこから一番伝えたいペルソナ(マーケティング用語の最大顧客像)が見えてきます。

価値観への理解と思い遣りが自然にわいてきて、こちらも最大の仕事ができるーそんな相手への発信や仕組みづくりは一方的に伝え稼ぐための技術ではなく、「相手に寄り添い理解したい。」という愛そのもの。

だからこそぶれないし、収入という愛が手に入ります。マーケティングも思考が先。アモーレを込めて、MINAKO